ボイストレーニング知識 vol.3 【MUSICハウス】

MUSICハウスの

ボイストレーナーのMANAです!

ボイトレの

豆知識コーナーです!

*************

ボイストレーニング知識 vol.3

今回のテーマは

         『音の高低について』

************

今回は音の高低について簡単に説明していきたいなと思います。

まずは声区について。

胸声(地声)を重い声区、ファルセット(裏声)を軽い声区という表現をすることもあります。

高低について

胸声(地声)、ミックスボイス(中声)、ファルセット(裏声)

と大きく3つに分けられています。

更に

ミックスボイスを分けると

ミドルボイス(中音)、ヘッドボイス(高音)

という言い方で分ける事があります。

また声区の違いを簡単に言えば

胸声・・・声帯筋主体、声帯筋と声帯粘膜の振動。

                  声帯全体が振動している。

                  胸の空洞を主に響かせる。深い声がでる。

ミックスボイス・・・胸声とファルセットの中間。声帯ヒダの4分の12分の1位は接触し        

                                    ている。声帯筋の硬度を変えながら振動率を変化させる手法。

                                   ミドルボイス、 鼻腔、口腔を主に響かせる。

ファルセット・・・輪状甲状筋(前筋)主体、声帯粘膜だけの振動、声帯接触ほとんどな     

                                 し。粘膜と粘膜を振動させる為、少し隙間がある。

ファルセット以外では、声帯がほんの少し隙間を開けた状態の声帯に空気が通り

それによって、声帯の左右の壁がくっついたり離れたりして

振動によって音がなっている状態です。

ボイトレに興味を持ち出すと

胸声、ミックスボイス、ファルセットという言葉を耳にしたことありますよね。もしくは初めて聞く方もおられるかもですが、

少しまとめさせて頂きました。

難しい筋肉の名前も出てきますが、他の筋肉の説明などでゆっくり説明していきたいと思います。

*************

大阪、東京

海外式ボイストレーニング

MUSICハウス公式サイト

http://music-house.jp/access/

無料体験受付中!

大阪、東京、音楽イベント

スマイルオブハート公式サイト

http://smile-of-heart.com/

予約受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です